作業員

大事な家や車などの鍵紛失をしたならすぐに業者に依頼しよう

侵入を防ぐため

男性

簡単には開閉できない錠に

泥棒の出入り口として最もよく利用されているのは、窓ではなく玄関のドアです。窓から出入りしている様子は、不自然なので人目につきやすいのですが、玄関のドアからなら自然に入ることができるのです。特に狙われやすいのは、ヘアピンなどで鍵を開けることのできる、ピンシリンダーやディスクシリンダーのついたドアです。そのためこれらを使用している場合、防犯のために、簡単には開けることのできないタイプの錠に交換することが大事とされています。ただし、ピンシリンダーやディスクシリンダーがついている場合、ドア自体が旧型なので、劣化している可能性があります。錠を新しくしても、ドアの破壊により侵入される可能性があるため、より防犯性を高めるために、ドア自体も頑丈なものに交換しておくことが必要です。

複雑で高性能

防犯性の高さから、特によく利用されているのは、ディンプルシリンダーのついたドアです。内部に複雑な形状の凹凸が数多くあり、その全てが合致するディンプルキーを使用しなければ、開閉できない仕組みになっているのです。また昨今では、暗証番号や指紋の照合などで開閉するタイプのドアに交換する人も増えています。これには多くの場合、閉めた後で一定時間が経過すると自動的に施錠するという、オートロック機能がついています。その分防犯性が高いので、閉め忘れによる被害が心配という人の多くが、このタイプのドアに交換しているのです。もちろん高性能となっている分、頑丈に作られているので、物理的に破壊されるリスクも低く、安心しやすいと言えます。